リージェンシークラブラウンジ 2018年8月リニューアルオープン

大阪と世界をつなげるクラブラウンジへ

ホテル最上階(28階)へ移設し、8月1日リニューアルオープン予定


数あるハイアットブランドのホテルの中でも、「ハイアット リージェンシー」は人・モノ・コトなど全てがつながる場所、そして「つながることの価値を最大限に生かす」を念頭にデザインされたホテルです。今回のリニューアルにおいても、この場所ならではの「THE PLACE TO CONNECT(つながる場所)」を実現する空間デザインとしています。


レセプションに入った瞬間に、空と大阪湾にそそぐ川、北摂・神戸の山々、大阪中心地のビル群といった景色を臨む開放的なビューがクラブフロアを利用するお客様をお迎えいたします。


ダイニングエリアに進むと生駒の山並みなど、さらに南側の景色まで見渡せる空間が広がり、ベイエリアから大阪の街を一望していただけます。コミューナルテーブルでは、パソコンを開いたり、読書をしたり、様々な過ごし方をしていただく中で、お客様同士が時間と場所を共有して生まれるつながりを育みます。


また、1階ザ・カフェ、ロビーラウンジでご提供しておりましたクラブフロアご利用のお客様特典の、朝食、ティーサービス、イブニングカクテルサービスも28階のこちらのクラブラウンジでお愉しみいただけます。ミックスジュースや押し寿司などホテルにいながら、大阪の食文化を体験できるメニューや、レストランでの各国料理のフェアに合わせて、各国のシェフのレシピでお贈りするメニューなど、大阪と世界をつなぐダイニング・エクスペリエンスもご提供いたします。


<インテリアも「つながり」をコンセプトにデザイン>


場と場をつなげる ~ 筋と通 ~

大阪は、古くから御堂筋を中心に「筋(すじ)」と「通(とおり)」が碁盤の目を形成して現在まで繁栄してきました。「筋」と「通」をモチーフとしたパターンによって、大阪というロケーションを表現するデザインとして取り入れています。


人と人をつなげる ~ 丸みとコントラスト・角 ~

文楽・落語・漫才といった特別な笑いの文化が、大阪にはあります。大阪人にとっての‘あうん’の呼吸といえば「“ぼけ”と“つっこみ”」。“ぼけ”のイメージを「丸み」として、“つっこみ”のイメージを「コントラスト」「角」としてそれぞれ表現し、大阪らしい人と人のつながりを表現します。


時と時をつなげる ~ 紫とゴールド ~

「ハイアット リージェンシー」では、誠実、創造的、独創的、上質なサービスをイメージさせる紫をブランドカラーとして採用しています。日本では、古来より紫という色を高貴なものとしても捉えてきました。また、大阪では、金の茶室や通天閣のビリケン、大阪万博の太陽の塔など、折にふれて革新的なポイントでゴールドが用いられてきました。伝統的な紫と大阪ならではの革新の色合いであるゴールドを空間に点在させます。


エントランスは、丸みのある木を施しリラックスした空間を演出し、ダイニングエリアは筋と通をモチーフとしたカーペットとコントラストや角、紫と落ち着いた色合いのゴールドをさり気なく取り入れることでラグジュアリーな空間を創り出し、ホテル最上階からの眺望、夜景とともに上質な寛ぎを提供します。


このように新しい「リージェンシークラブ」では、この場所ならではの特別感を体験いただけます。



リージェンシークラブ概要


営業時間7:00~22:00

朝食7:00~10:30(土日祝は11:00まで)

イブニングカクテル17:30~19:30


サービス内容

専用ラウンジでのチェックイン・チェックアウト、朝食サービス、ティーサービス、イブニングカクテルサービスおよびコンシェルジュサービス


【新サービス】

「リージェンシークラブ」のお客様には、これまで有料でご提供しておりました個室ミーティングルーム(最大8名様まで)を1時間まで無料とさせていただきます。

ラウンジ内個室ミーティングルーム利用 <1時間まで無料、以降1時間につき5,000円(税別)>


対象ルーム

リージェンシークラブルーム/リージェンシークラブデラックスルーム/リージェンシースイートルーム/タタミスイートルーム/ディプロマットスイートルーム/プレジデンシャルスイートルーム


宿泊予約

  日付をDD/MM/YYYY(日/月/年)の形式で入力してください。

  • 客室
  • 大人の人数
  • お子様 help
お子様の年齢
(ご滞在時)
必須項目を入力してください
 オファーコードを入力
  • 特別料金を選択help

〒559-0034 大阪府 1-13-11 Nanko-Kita, Suminoe-Ku大阪府大阪市住之江区南港北1-13-11

Are you sure you want to leave the chat?